FC2ブログ

SoundRATTスタッフルーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■RATTオープンからの話Vol.8

勿体つけたまま、放置でした申し訳ないです。
ファックギーズは舞鶴のパンクバンドで今では伝説にもなっていますが、伝説で終わってないと言うか
たまにイベントなんかでも出てくれる大御所です。
全国的に見てもファックギーズの影響を受けたパンクバンドは数え切れないと思いますが、当時ポップロックな「ジャンキー」は完全に影響された時期が有ります。

MCRカンパニー企画のインディーズ有名どころのサマーツアーも2回だったかありました。
当時のハードコアパンクでは有名どころの面々が(鉄アレイ・SOB・ガーリックボーイズ・コックニーコックス・シティーインディアン・・・・・全部は思い出せんのですが)ラットで大暴れ?
この流れに触発されてか、地元メタル勢もがんばる!
当時私もメタル勢の一人でしたので、大阪や京都のライヴハウスで知り合ったいいバンドをつれてきて盛り上げました。
こちら側でがんばってたのは、次期(第三期ラット)の杮落としをやってくれる「ルードティーザー」
レコーディングも当時はアナログマルチチャンネルのテープレコーダーで、地元ではなかなか無かった環境を整えて16chトラックでのレコーディングをやってたんですね。
当時のレコーディングでMCRから出ている物もたくさんあり、代表的なものは「革命Ⅱ」のファックギーズですね。
ルードティーザーも何度かデモテープを録って、RATTレーベルから「アイシースレジスタンス」に参加。
このオムニバスは、3バンドともRATTでのレコーディングで、ラットレーベルでのCDの走りとなりました。

当時はレコーディング熱も高く、デモテープ録り・CD製作など盛んになってきた時期ですね。

そんな中で私も参加できたレコーディングが「sukiyaki」・ジャンキーの「上を向いて逃げよう」のパンクバージョンです。
HRになじんだ体ではちょっときつかったんですが、超早いパンクにも参加できるのがうれしい?出来るかどうか?のチャレンジでもありました。
今思えばこのレコーディングにだけは参加しておいて良かった!そこで学んだ物だけでなくメインヴォーカルの「まっちゃん」が事故で亡くなった時には、彼との関わりが形として残っているのが気持ちの中での大事なポイントとなっているからです。


久々の投稿で時間的な交錯もあり、書き残しもあると思いますが、また前後しながらでもぼちぼち書いていきます。
文中での疑問?やここをもっと詳しく!な事は掲示板にでも書いていただきましたら追加します。
私自身も忘れていることや、書き漏らしも有ると思うんで、皆さんの声を届けてください。

fum
スポンサーサイト
  1. 2008/05/08(木) 02:40:44|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<第三期・・・間近 | ホーム | お知らせ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

SoundRATT

Author:SoundRATT
京都府福知山市で仮設音響からビデオ撮影、ライブハウスも手掛けるサウンドラットのスタッフルームです。裏話やこぼれ話など色々と載せていきたいと思います。

Twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スタジオ予定一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。